剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 腐朽菌が侵入しない剪定を

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

腐朽菌が侵入しない剪定を

剪定は木の健康のためにも欠かせない作業の一つですが、それでも剪定は木に少なからずダメージを与える作業です。適切に剪定すればダメージを最小限に留め、木もすぐに傷口を塞いでくれます。逆に誤った方法で剪定しますと、傷口が塞ぐ前に腐朽菌が入り込んでしまい、木がスカスカの空洞になり、枯れてしまう恐れもあります。そのようなことが無いように、正しい剪定を行わなければいけません。

そのためのポイントはいくつかありますが、木を切る位置についても考慮しなければいけません。
枝の根元の基部には、「保護帯」と呼ばれる、腐朽菌の侵入を防ぐ層があります。もしも枝が自然に枯れてしまったとしても、この保護帯の前で枯れが止まり、幹を保護しています。つまり剪定をする際は、この保護帯を傷付けずに行う必要があるということです。
枝の根元には、「ブランチカラー」と呼ばれる膨らんだ部分があります。剪定の際はここを切ってしまうとスッキリとした見栄えになりますが、これは切りすぎなのです。逆に枝を残しすぎますと、傷口を塞ぐのが遅くなってしまい、やはり枯れてしまうリスクが高まってしまいます。
そこで剪定は、根本の膨らんだ部分を残しつつ、幹を傷付けないようにして枝の根元付近から剪定します。すると、木の幹の組織が速やかに傷口を塞いでくれるのです。

このように、剪定は正しい知識が無ければ失敗してしまいます。仮にこのような知識を備えていたとしても剪定は難しい作業に違いありませんので、その作業は剪定のプロに任せるのがよろしいでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test