剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 花木の剪定について

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

花木の剪定について

花を咲かせる木は色々なものがあり、庭木としても使われることが多いです。例えばアジサイなどは、梅雨から初夏にかけて美しい色合いの花を咲かせますし、バラも、赤や白など様々なものがあり、愛好家も多いものです。更に、モクレンのように大きく育つものもありますし、半を咲かせて実もなるアンズやウメも花木と言えます。
花木の剪定で一番気をつけなければいけないのが、花の芽が付いている枝を切ってしまうと、花を咲かせなくなってしまうということです。 せっかくこれから花が咲くというのに、枝ごと切り落としてしまってはもったいないだけでなく、樹勢が落ちてしまうなどの影響も考えられます。また、花の芽を切ってしまうと、次の開花期に花が咲かなくなってしまうということで、花木の一番の楽しみすら奪ってしまうことになりかねません。
そこで、花木の剪定については「花が終わった直後」から「花の芽が出る前」に行うことが良いと言われています。花が終わった直後なら芽を切る心配もありません。
ただ、花の終わった直後とはいえ、その期間が植物ごとに違う場合がありますので、よくわからない方もいるかもしれません。
そういう時は、剪定のプロにご相談されることをおすすめします。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test