剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 草むしりに適した姿勢で疲れを軽減させましょう

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

草むしりに適した姿勢で疲れを軽減させましょう

草木が青々としてきて、徐々に汗ばむ日も出てくる季節です。このくらいの時期になると、お庭等の雑草が気になってくるでしょう。雑草は草の種類にもよりますが、梅雨の雨が降った後に急成長するものが多いと言われております。雑草が急成長して手が付けられない状態になる前に、1度草むしりをするのも手でしょう。
お庭の雑草が気になり「草むしりをしよう」と思っても、腰や膝に負担がかかって疲れるからなかなか出来ないと言う方もみえます。今回は、体に負担の少ない草むしりの姿勢をご紹介させていただきます。
1点目は、足裏を地面にべったりとつけて、つま先を外側に大きく開いた姿勢です。小さな椅子に腰かけているイメージで行います。
2点目は、片方の膝を立てて、片方の膝は地面に着ける様にする姿勢です。どちらの姿勢も太もものストレッチ効果があり、腰を痛めにくいのでお薦めです。
この様な姿勢でもしんどく感じられる方は、草むしり用の小型の椅子がありますのでその椅子に座りながら行うのも良いでしょう。
草むしりはいくら楽な姿勢で作業をしていても、長時間同じ姿勢で行うと疲れやすくなってしまいます。「1時間やったらストレッチをする」等の自分の中でルールを決めて行うと、身体への負担を減らす事が出来ます。更に草むしりをした日は、お風呂でゆっくりと身体をほぐす様にしましょう。そうする事で、筋肉痛の予防に繋がります。
自分で草むしりをするのが難しい時には、草むしりの業者に依頼する手もあります。自分の身体を相談して、無理しない様に心掛けましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test