剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定をしないほうが良い時期

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定をしないほうが良い時期

木は生き物です。季節によってその姿を変える木々ですが、剪定の時期には気をつけてあげなければいけません。間違った時期に剪定すれば、その気を枯らしてしまうこともあるのです。ここでは、落葉樹と常緑樹の剪定時期について簡単にご説明いたします。

・落葉樹の剪定時期
落葉樹は、冬になると葉を全て落とし、休眠に入ってしまう木の事を言います。実は、その冬が剪定に適した季節となっています。落葉樹は葉を落とす前に養分を大量に蓄えており、さらに休眠中ですので樹液の流れも減少します。そのため、大がかりな剪定をしても傷みにくくなります。その反面、夏は軽い剪定程度に留めなければいけません。木は夏に大きく生長しますが、その分養分の蓄えが無いため、剪定するとダメージが残ってしまうのです。

・常緑樹の剪定時期
常緑樹は、一年を通して常に葉を茂らせている木です。そんな常緑樹ですが、冬の剪定は避けるようにしましょう。常緑樹は常に光合成ができる反面、養分を貯める事を苦手としています。そのため日照時間の短い冬に強い選定を行いますと、充分な養分が得られずに弱ってしまいます。

このように、木の種類によっても剪定の時期を考慮しなければならないのです。もちろん、全ての落葉樹(もしくは常緑樹)がすべて同じ時期に剪定を行うというわけでもありません。剪定には知識も必要になりますので、その作業は剪定業者にお任せください。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test