剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 足元ばかりではいけません

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

足元ばかりではいけません

日々の生活の中でも、お庭というと雑草が生えてきてしまい困っているという方も多いのではないでしょうか。草刈りを行ったとしても、また同じ作業をしなければならない日がやってくると思うと、億劫になってしまいますよね。ただ、雑草は砂利を敷くことや芝を張ること、さらには防草シートを利用することで、発生を防ぐことが可能となります。面倒な雑草に対しては、あらゆる製品が登場しているのですが、注目すべきは足元だけではありません。お庭に植えてある木はどのような状態にあるでしょうか。いつもと変わりないと思われているかもしれませんが、木も植物であるため、日々枝を伸ばしているのです。枝葉が伸びすぎてしまった庭木は、住宅に大きな影を発生させてしまい、外観の低下が起こってしまいます。夏の暑い日には大きな木陰はとても嬉しいものですが、だからと言って伸びすぎてしまえば住宅への影響を起こすことや、近隣住民への敷地内にまで枝が伸びてしまい、トラブルに繋がることもあるのです。お庭の状態を改善するためにも、木の枝を切るという剪定作業はとても大切なことです。伐採とよく混同されがちですが、伐採は木を切り倒すことを指しています。剪定作業を行う業者のほとんどは両方に対応していることがありますが、依頼の際には正しい呼び方でお伝えしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test