剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 道具の手入れも一苦労?

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

道具の手入れも一苦労?

道端に植えられている木を剪定している光景を見たことはありますでしょうか。剪定といえば、傷んでしまったり、枯れてしまった枝を切り落として木の形を整える作業です。高い位置の枝を切るには脚立を使用しますが、脚立が使用できない状況では木に登り、木に身を預けながら作業を進めていきます。その様はまさに職人技と言えます。慣れていない人では、木に登ることすら難しいですし、とても危険な作業です。また、道具に関しても日頃から手入れが必要となります。木の枝は、通常のハサミでは切ることが難しく、剪定バサミを使用します。もし、剪定バサミの刃に汚れがついたままですと、枝が枯れてしまったり、病気になってしまう恐れがあります。また、枝を切ろうにも上手く切れなかったり、作業中に刃が欠けてしまうかもしれません。剪定バサミは使用した都度、消毒液をつけてよく拭き、刃に油をさしてから保管します。刃が錆びついている・切れ味が悪くなってきたという時には、刃を研ぐこともしなければなりません。刃を研ぐ際、剪定バサミを分解するケースもありますので知識や経験がない方では一苦労です。剪定を自分でやってみたいが、道具の手入れが面倒だという方もいらっしゃるでしょう。手間暇をかけずに木の手入れをしたい、そんな時は当サイトをご利用してみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test