剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 間違った剪定をしてしまうと……

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

間違った剪定をしてしまうと……

もしも庭木などをお持ちでしたら、そのお手入れは正しく行うようにしてください。木々はただ放置しておくだけでも、たいていは元気に育ってくれます。それはそれで良いことですが、生長しすぎてしまった庭木は、落ち葉や日光の関係からトラブルを招くことも考えられます。そのため適度な大きさや樹形を保つために剪定作業が必要になります。しかし、剪定は単純に枝葉にハサミを入れれば良いというものではありません。正しく剪定しなければ、かえって木々を弱めてしまい、最悪の場合枯れてしまうかもしれないのです。そうならないように、もしもご自身で剪定を行うのでしたら、剪定の知識についても身につけるようにしてください。
それでは、間違った剪定をするとどうなるのでしょうか。例えば、一度に大規模な剪定(強剪定)を行ったとしましょう。剪定は樹木に少なからず影響を与えるため、その木は一時的に弱ってしまいます。するとその木は、元の元気な姿に戻ろうと「徒長枝」を伸ばします。この枝は勢いよく伸びますが、それは木の蓄えを消費しているためで、徒長枝を放置しておくと木はさらに弱っていきます。そのため徒長枝は、優先的に剪定の対象となる忌み枝となっています。また、間違った位置で剪定を行いますと、その切り口からキノコ類のような腐朽菌が侵入する事になります。腐朽菌は木を劣化させてしまい、枯れて倒れてしまう事もありえます。
もしも剪定を行うのでしたら、このような事に充分にご注意ください。しかし、剪定は重労働です。特にご高齢の方や女性などは簡単には作業できないでしょう。無理な剪定は木々だけでなく作業者にも危険を及ぼしますので、剪定をお考えでしたら当サイトよりご相談ください。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test