剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 3月からの剪定

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

3月からの剪定

3月になりました。過去の記事をご覧頂いた方で落葉樹を育てている場合は、2月頃までに重点的な剪定作業は終えていることと思います。樹木の生長に大きな影響を与える「剪定」。樹木によってタイミングは違いますが、一般に落葉樹にとって冬季の12月~2月は休眠の期間。大きな剪定はその期間に行うのが最適です。3月からはまた活動を始めますので、しばらくは軽めの剪定を定期的に行うようにしましょう。さて、3月からは今度は常緑樹の剪定に適した時期となります。タイミングとしては、新芽が出る前の3月下旬~4月下旬、または新芽が出て新葉が落ち着いてくる頃の5月下旬から6月にかけて、この2回のどちらかで行うことが最適と言われています。常緑樹を育てている方は、是非この機会を逃さずにしっかり剪定を行いましょう。剪定は、伸びすぎた枝、とんでもない方向に伸びてしまった枝、生い茂り過ぎた葉などをカットする作業。これを行うことで、栄養がしっかり全体に行き届き、適度な光や風が通るので、樹木の生長をぐんと促すことが出来ます。剪定には、剪定用のハサミや足場が必要となります。最近はホームセンターでも一式揃っていますので、DIYで行うことも可能ですが、どの部分をカットすればいいかの見極めには知識が必要ですし、怪我なく行うには、やはり実績を積んだ業者に依頼するのが得策です。本サイト「剪定110番」を利用すれば、お近くの信頼出来る業者を探すことが出来ます。正しい剪定をして、大事な樹木を活き活きと育てましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test