剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 伐採の方が危険という場合も

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

伐採の方が危険という場合も

剪定または伐採をご自分でやろうとされている方がいらっしゃいますか? 剪定と伐採は油断をすると危険な事態が起きてしまう場合がありますが、 剪定と比べて伐採の方が一番危険と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 確かに、剪定は樹木の見た目を整える為に枝を伐る作業になるので、 危険と言えば転落する可能性があるかぐらいになるでしょうが、 伐採の場合、樹木そのものを伐り倒す作業になりますから、 注意しないと倒れた樹木に下敷きになってしまう可能性がありますね。 樹木は大きければ大きいほど重くなるので、もし人の頭に直撃したらと思うと怖いです。 でも、それより一番厄介なのは、伐った樹木が他の樹木に引っ掛かって倒れないというケースです。 特に密林の場所ではこのようなケースが発生しがちです。 他の樹木に引っ掛かってしまうと、いつ樹木が倒れるか分かったものじゃありません。 もしこのようなケースが発生してしまった場合は、ロープでしっかりと樹木を固定してから対処するようにしましょう。 また、この状態のまま掛かられている樹木を伐ったりしないようにしてください。 伐っている途中樹木が自分の方に倒れてくる可能性があるからです。 それでも自分で対処出来ない方がいらっしゃいましたら、当サイトまでご相談ください。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test