しだれ梅の剪定時期はいつ?剪定方法やお手入れ方法まで詳しく解説|庭木の伐採・剪定の植木屋:1本1,000円~&全国対応|剪定110番
剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > しだれ梅の剪定時期はいつ?剪定方法やお手入れ方法まで詳しく解説

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

しだれ梅の剪定時期はいつ?剪定方法やお手入れ方法まで詳しく解説

 しだれ梅の剪定時期はいつ?剪定方法やお手入れ方法まで詳しく解説

 

春先にたくさんの花を咲かせるしだれ梅。美しいピンク色の花を付けた枝を垂れ下げる姿は古くから観賞用としてとても人気があり親しまれてきました。中国が原産のしだれ梅ですが、現在は見本でも多く栽培され、中には樹齢が数百年を超える木もあり、春の開花時には多くの人が花見をしにこの木の元に集います。

 

しかしどうやってお手入れすればよいかご存じでしょうか?剪定や水やりを正しく行わなければ、たくさんの花を咲かせることはできません。そこで今回はしだれ梅の剪定の仕方やお手入れについて詳しくご紹介します。

 

 

しだれ梅の剪定時期はいつが最適?

剪定とは余分な枝を切ることによって見栄えをよくしたり、風通しをよくして害虫や病気の対策をすることです。しだれ梅の剪定は葉っぱが生い茂り、緑が目立ってきた夏場にするものだと思われがちですが、その時期に剪定してしまうと、次の年の花芽の数が減ってしまいます。

 

そして切った箇所から枝が伸びようとするのでそこに栄養が集中してしまい、せっかく花芽になりかかっていた部分も全て葉芽に変わってしまうのです。適切な剪定時期を把握して、木へのダメージを抑えるよう心がけましょう。

 

しだれ梅の剪定に適している時期

一般的にしだれ梅が休眠期間となる10月頃~1月頃に剪定するのがよいとされています。葉も落ちて枝の混み具合も分かるのでしやすいです。

 

しだれ梅を夏に剪定することは可能?

夏季でも剪定は可能ですが、軽い剪定程度にとどめておくのが無難です。全体の形を整えたり、風通しを良くして日陰をつくらないようにしたりであれば問題ありません。

 

状況別!しだれ梅の剪定方法をわかりやすく紹介

状況別!しだれ梅の剪定方法をわかりやすく紹介

 

しだれ梅はどのように育てているかによって、剪定の仕方や時期も変わってきます。ここではそれぞれの剪定する方法について紹介していきます。

 

地植えのしだれ梅を剪定する方法

庭などに地植えされているしだれ梅は、花芽の芽吹く前の10月頃~1月頃に剪定します。混み合っている枝や内向きの枝など、見栄えの悪い余分な枝を根元から切り落としていきます。このとき細く弱い枝も切り落とすようにします。

 

また、ふっくらとした丸みのある花芽は1つの枝に5から6の芽残すようにしなくてはなりません。しだれ梅の枝は、四方八方に伸びることが多く、少し切りすぎだと感じるぐらいまで剪定することも可能です。しだれ梅を切って形が整ったら剪定箇所に癒合剤を使用して、細菌が入らないようにします。

 

鉢植えのしだれ梅を剪定する方法

鉢植えのしだれ梅を剪定する場合は、コンパクトな樹形を保たなければならないので、花が咲き終わった後の葉っぱが出る前に剪定を行います。

 

枝を3割から半分ほどの長さに切り戻していきます。このとき新しい枝の芽を取り除かないよう注意が必要です。残した芽がどの向きに伸びるかもよく考えて選びましょう。株全体を大きくしたい場合は剪定の必要はありません。

 

また、咲き終わった花をそのまま放置していると株が蒸れて病気にかかりやすくなってしまうので、取り除いてあげましょう。

 

しだれ梅の花を咲かせたい場合の剪定方法

しだれ梅を美しく咲かせるためには正しく剪定をすることが重要です。しだれ梅の花が開花した後にその年に伸びた枝を10センチから20センチ残して垂れた枝を切り取ります。この作業を行わないと、垂れた枝から新芽が芽吹き、枝が垂れ下がってしまいます。

 

しだれ梅を生長させる際は低い背丈にしないで、ある程度の高さにしましょう。1番高い枝に支柱を使い持ち上げるようにすると、その枝を中心として木を大きくすることが可能です。

 

しだれ梅で必要なお手入れは剪定以外にもたくさん!

しだれ梅を美しく育てるためには剪定以外にもお手入れが必要です。

 

水や肥料やりの頻度

地植えの場合は自然の雨水だけで十分育つので、水やりに敏感になる必要はありません。開花の時期によりたくさんの花を咲かせたいのであれば、年に何度か有機肥料を撒くと効果的です。与えすぎると根の水分が無くなってしまい枯れる原因になってしまうので、注意してください。

 

鉢植えの場合、冬は数日に一回程度の水やりでも大丈夫です、夏は一日に二回が理想的です。朝と夕方に水やりするのがおすすめです。逆に昼間に水を与えると、直射日光が当たって水分が高温になってしまい、木にダメージを与えてしまうことになるので注意が必要です。鉢植えの場合の肥料は、液体肥料が効果的です。

 

しだれ梅に被害を与える害虫と対処方法

しだれ梅は剪定しないと日当たりや風通しが悪くなって害虫の溜まり場となってしまいます。しだれ梅には害虫が寄り付きやすい性質があるので特に注意しましょう。

 

アブラムシは開花後の芽吹きの時期に発生し、葉っぱの委縮の原因となります。オビカレハの幼虫は落葉期も冬に発生し、枝に卵を産みつけるので見つけて取り除きましょう。コスカシバが初夏から晩秋の間に産卵をし、ふ化した幼虫が侵入した木の幹や枝、樹皮の中で冬の時期を過ごします。初春からまた葉などを食べはじめて、木へダメージを与えます。

 

こういった害虫が寄り付かないように剪定をし、風通しを良くしてそれぞれの葉っぱに日の光が当たるように剪定することが大切です。しだれ梅は木そのものに強樹勢が備わっていて薬剤に強く、強力な殺虫剤や除菌剤を用いても枯れにくいのが良い点です。

 

とはいっても薬剤は濃度に注意して使用しましょう。植物用の殺虫剤は農薬に分類されるものが多く、適切に希釈する必要があるのです。

 

しだれ梅が好む環境に置いてあげることも大切

しだれ梅は地植え、鉢植え共に日当たりのよい場所を好みます日の当たらない場所や風通しの悪い場所だと害虫が発生しやすくなるので気を付けましょう。また、しだれ梅は水分の多い土地を好みますので、植えつけや植え替えの際は、水はけがよく有機質の多い土を使いましょう。

 

しだれ梅剪定は自分で?それとも業者に任せるべき?

しだれ梅剪定は自分で?それとも業者にせかえるべき?

 

「梅切らぬ馬鹿」という言葉があるように、しだれ梅の枝は増え、芽がどんどん出てきます。

 

そうなると自分で枝を切ってしまいたい気持ちになるかもしれませんが、きれいに形を整えるのはプロではないと難しいかもしれません。また、いいかげんに剪定してしまうと花芽がなくなってしまい、花が咲かなくなってしまう危険性もあります。

 

このようなことから自分か業者依頼かを迷う方はいらっしゃると思います。そのほかの面でも、自分での選定と業者での剪定にはそれぞれメリットがあります。どんな利点があるのでしょうか?

 

自分で剪定を行うメリット

自ら育てたしだれ梅を剪定することで細かな変化を直に感じることができます。そして自ら剪定すれば自分好みの樹形にすることが可能でしょう。また、業者に依頼を行わなので、自由な時間に作業できます。道具をそろえる費用がかかりますが、人件費が発生しません。

 

業者に剪定を任せるメリット

高齢の方が自ら剪定をしようとして怪我をしてしまうことがありますが、業者に任せておけば怪我の心配はありません。そして剪定のプロによる最適な手入れを行うので、間違った剪定で木にダメージを与える心配がありません。剪定後のケアや挿し木などのアドバイスも相談できるのもメリットだと言えるでしょう。

 

まとめ

しだれ梅の花言葉「華やかさ」に表されるように、なだらかに垂れ下がる枝が美しい見た目のしだれ梅は、適切な剪定を行うことでその華やかさをより一層引き立てることができます。

 

見栄えの悪い余分な枝を根元から切り落とし、丸みのある花芽を5~6芽残すようにすることがうまく剪定するポイントです。鉢植えの場合はどれくらいの大きさで維持したいかを考慮しながら育てるのも大切です。そして害虫への対策も忘れないようにしましょう。

 

そうすればきっと春先にきれいな花を咲かせてくれるでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test