剪定110番 トップページ > 害虫と椿剪定の関係性とは?剪定時期と方法・注意点

害虫と椿剪定の関係性とは?剪定時期と方法・注意点

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

椿剪定の重要性とは?剪定の時期や剪定方法

椿は改良された種類も豊富にあり、日本各地で見られます。耐暑性や耐寒性があり日照条件が悪くても花を咲かせてくれる植物で育てやすいです。昔から親しまれており人気がある庭木なので育てている方も多いのではないでしょうか?

 

花も葉も魅力的な椿は、水やりや土へ肥料を与えるなどの基本的な手入れのほかに、害虫予防のために剪定が必要ですが、やりすぎてしまうと今度は椿を枯らせてしまいます。剪定の加減が難しいため、剪定時期や剪定方法などの基本的な知識を確認することからはじめてみましょう。

椿の剪定はなぜ必要?

椿剪定の重要性とは?剪定の時期や剪定方法

 

椿の剪定を行う理由は、2つあります。まずは、風通しをよくするためです。椿に限らず、剪定の目的としてよく挙げられるものですが、害虫を予防する意味もあります。風通しが悪くなると害虫が住み着きやすくなるため、剪定を行わなくてはいけません。


次に、樹形を保つためです。自然に大きくしたい場合は除きますが、ご自宅で育てている場合はお庭に適した大きさがあるはずです。お庭で椿がより映えるように、定期的な剪定で形と大きさを整えます。ちなみに鉢植えで育てている椿は、多すぎる葉を少し減らす程度の剪定を行えば十分と言われています。

椿の剪定時期と剪定方法

▶椿の剪定の適期と行ってはいけない時期
椿の剪定に適している時期は、4月~5月です。椿は2月~4月の春ごろに開花し、花芽がでるのが6月というサイクルで1年を過ごします。花芽が出る前に剪定すると花芽を切り取る心配がないので、この時期が適期です。

椿に被害を与えるチャドクガという害虫を防ぐためには、この時期に加えて8月に軽い切り戻し剪定を行います。行ってはいけない時期は、6~7月です。花芽が出てくる時期なので避けましょう。


椿は品種がさまざまで、育てている地域によって開花時期などが異なってきます。そのため上で挙げたものは目安になります。場所や品種にあった剪定時期を知ることが大切です。

 

▶剪定方法
椿の剪定は、透かし剪定でおこないます。透かし剪定は、間引き剪定とも呼ばれているものです。不要な枝を切ることで、枝の量を減らして風通しをよくするために行います。髪の毛をすくイメージに近いです。透かし剪定で切る不要な枝は以下のものです。

 

  • ・徒長枝
  • ・葉や芽がなくなっている古い枝
  • ・内側に伸びていたり交差している枝
  • ・チャドクガという害虫の卵がついた葉っぱの枝

 

これらの不要枝を除いたら、葉の量を調節します。あまり減らしてしまうと椿が弱ってしまうので、減らしすぎないようにします。1本の枝に3枚くらいの葉を残すというのが目安になります。

 

▶注意点
椿剪定の注意点も確認し、気をつけて剪定します。

 

  • ・害虫のチャドクガは毒をもっているので、軍手や長袖などで身を守る
  • ・花をたくさんつけたい場合は、樹形をつくりすぎない
  • ・枯れの原因になるので、葉も芽もついていない枝の途中で切ることは止める
  • ・剪定はあくまでも風通しがよくなる程度でおこなう。枝葉を切りすぎると弱ってしまう
  • ・切った部分には殺菌剤をつける

 

椿を育てるなかで悩みの原因になりやすいチャドクガを予防するためには、剪定が必要です。しかし、チャドクガを避けたいという気持ちが先走って切り込みすぎてしまうと、椿自体を弱らせてしまいます。椿を健康に育てるためには、適度な剪定が一番です。

害虫対策は万全にしたいけど枯らせたくもない…微妙なさじ加減は業者におまかせを

椿を剪定するポイントは、時期を守ることと、枝葉を減らし過ぎないことです。剪定の目的は、病害虫の予防と樹形を整えることにありますが、間違った方法で切ってしまうと、椿自体にダメージを与えて枯らしてしまうこともあります。椿は縁起のいい花です。しっかりお手入れして毎年きれいな花を楽しみましょう。

 

椿の剪定は簡単にみえて微妙なさじ加減が必要になることもあります。剪定の時期がわからなかったり、枝の切り方がわからなかったりするときは、プロの剪定業者に相談して上手な育て方を覚えてみませんか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

椿を剪定してもらうときの料金と費用をおさえるコツ

椿剪定を業者に依頼することで、剪定加減の難しさなどの不安から開放されます。同時に、害虫に関しても相談できるので安心できます。とは言え、料金はいくらかかるのかが問題です。ここでは、椿剪定の料金を決める計算方法や、料金を安くおさえるコツについてご紹介します。技術だけでなく、料金も納得のうえで剪定をしてもらいましょう。

椿の剪定費用の計算方法は2通り

椿を剪定してもらうときの料金と費用をおさえるコツ

 

椿の剪定は、おおよそ2通りのケースから料金が割り出されます。

 

・作業員の日当で決まるケース
作業にあたるスタッフの人数や作業時間に応じて金額が決まるケースです。依頼する作業の難易度、作業員の腕によって時間が変わってくるため、料金が変動することがあります。

 

・木1本あたりで決まるケース
剪定を依頼する椿の本数や高さによって料金が決まるケースです。生垣の場合は、1メートルあたりで料金が割り出されることが多いです。作業にかかる時間は関係ありません。

剪定料金を安くおさえるためには

まずは見積もりをしてみることをおすすめします。業者によって料金はまちまちです。相見積もりをすれば相場を知る良いきっかけにもなります。さらに一番安い業者を知ることもできます。しかし、料金だけに目を向けることは危険です。設定金額でどんなサービスが含まれているのか、追加料金の発生有無はないかなどの確認も必要です。後から後悔しないように気を付けます。

 

その他、椿の特性を考えて依頼することも、安くおさえるコツです。チャドクガの被害を受けやすい椿の手入れを何年もしていない場合は、害虫がついていることがあります。椿が病気になってしまう前に依頼することで余分な出費を減らすことができます。

定期的な椿剪定もおまかせください

椿は害虫予防のためにも、定期的な剪定がおすすめです。継続的に安心して任せる業者をお探しの方はぜひお電話下さい。
当サイトは安心して利用できる魅力がたくさんあります。

 

無料の調査・見積もり、見積もり後の追加料金なし、見積もり語のキャンセル可、業界最安値を宣言しているので相見積もりも歓迎しています。
気軽に料金を知れるのはもちろん、見積もり時には剪定のプロに直接疑問点をぶつけることもできます。
ツバキ剪定を依頼するか、自分で行うか検討中…という方も、気軽に活用いただけます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

test